藻類産生油由来スクアレンの接触分解反応  [in Japanese] Catalytic cracking of squalene derived from algae-oil  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 木村 和哉 Kazuya Kimura
    • 筑波大学大学院数理物質科学研究科|産業技術総合研究所 Graduate school of pure and Applied Sciences, University of Tsukuba|National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
    • 中村 潤児 Junji Nakamura
    • 筑波大学数理物質系|筑波大学エネルギー物質科学研究センター Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba|Tsukuba Research Center for Energy Materials Sciences, University of Tsukuba
    • 藤谷 忠博 Tadahiro Fujitani
    • 筑波大学数理物質系|筑波大学エネルギー物質科学研究センター|産業技術総合研究所 Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba|Tsukuba Research Center for Energy Materials Sciences, University of Tsukuba|National Institute of Advanced Industrial Science and Technology

Abstract

化石資源の代替としてオイル生産効率の高い藻類バイオマスが有望視されている。藻類オイルの一種であるスクアレン(C<sub>30</sub>H<sub>50</sub>)は分子構造に分岐や二重結合を多く含み、イソプレン骨格の繰り返し構造を持っている。イソプレン(C<sub>5</sub>H<sub>8</sub>)は有用な化学原料であり、スクアレンのクラッキングにより選択的に得られる可能性がある。そこで、本研究では常圧でスクアレンの熱分解および接触分解反応を行い、選択的にイソプレンを得るための触媒および反応条件の検討を行うと共に、スクアレンの分解に関する反応メカニズムについても考察する。

Journal

  • Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2018f(0), 60, 2018

    The Japan Petroleum Institute

Codes

Page Top