熱音響コアの多段接続による電力フィードバック進行波型熱音響発電機の実現  [in Japanese] Construction of electricity-feedback traveling-wave thermoacoustic electric generators by multi-stage cores  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>熱音響コアの多段接続により,フィードバックされる電力(環送電力)の効果で発振する電力フィードバック進行波型熱音響発電機を実現する。そのためにまず,ナイキストの安定判別に基づく従来の安定性解析手法をコアが多段の場合に拡張すると共に,軌跡–原点間距離に基づいて発振時のコアの音響パワー増幅率やリニアモータの効率を予測する手法を提案する。次に,コアが1段のシステムに基づいて,フィードバック回路開放時の二つの端子電圧が同相となるように管路長を延長した,コアが5段のシステムを構成する。この装置に対して電力フィードバックの効果を調べるため,フィードバック回路の負荷抵抗値<i>R</i>を0(直結時)から∞(開放時)まで変化させて発振実験及び解析を行い,抵抗値が小さいほどコアが音波を増幅する方向に流れる環送電力が大きいこと,抵抗値によって発振周波数などがジャンプすることを示す。これらより,発電機の実用可能性と解析手法の妥当性を示す。</p>

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 74(6), 313-321, 2018

    Acoustical Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007539165
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    029102724
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top