明治初期フランス地図測量技術の導入とその後:-陸軍士官学校の『地形學教程』への影響ー  [in Japanese] Introduction of French topographic technology in the early Meiji era and afterwards:The influence in the topography textbook of Japan Military School  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

明治16年陸地測量部による地形図作成はドイツ式に変わったが、工兵測量は引き続きフランス式で、参謀本部を含む陸軍の指導者を養成する陸軍士官学校の地図測量教科書『地形學教程』はどのように対応しているか。残されている明治20,30年代ほかの『地形學教程』に明治初期導入のフランス地図測量技術の影響を見ようとするものである。明治28年第三版は巻之一、二と付録の3冊から成る。大まかに見て、巻之一は地形図の基礎知識と利用法、巻之二は自ら行う地図測量法で、こちらは明治9年のクレットマン『地理図学教程講本』の後継といえよう。明治31年に改正、活版洋装本に。明治34年改訂版は巻之一、二と附録の3冊から成る。巻之一、二の内容構成は従来のものをほぼ踏襲、巻之二には、「アリダード二ベラトリース」(測斜照準儀)のようなもののほかフランス語器具名が多数見られるが、その後、器具の選別、国語化が進み、大正時代には、例えば上記の器具は測斜儀となる。昭和15年改訂版でも巻一、二の上記枠組みはほぼ保たれている。

In 1885, Japan Army Land Survey changed its mapping system to German style from French one,while the work of military engineers remained in French style. The influence of French technology is pursued in the topography textbook of Japan Mlitary School.

Journal

  • Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2018a(0), 83, 2018

    The Association of Japanese Geographers

Codes

Page Top