火星研究における「火星隕石」の役割:これまでの貢献と将来の展望  [in Japanese] Current and future contributions of Martian meteorites to Mars science  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>近年の火星探査で報告された多数の「水の証拠」は,かつての火星の大規模な環境変動と生命の存在可能性を示唆し,火星における物質科学研究の重要性を強調している.火星は,地球以外の惑星では唯一,その岩石試料を「火星隕石」として手にすることのできる惑星である.火星隕石から得られた詳細な岩石記載・化学分析情報は,火星探査によるその場分析データと相補的な関係にあり,火星史の解明に大きく貢献してきた.本稿では,特に「火星隕石の同位体記録」を主軸に,表層の大気・水環境進化,および,火星内部の化学進化について,現在までにわかってきた事と将来の可能性を提示する.</p>

Journal

  • Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 27(3), 180-189, 2018

    The Japanese Society for Planetary Sciences

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007546893
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10446455
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0918-273X
  • NDL Article ID
    029287323
  • NDL Call No.
    Z15-791
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top