胃静脈瘤に対する腹腔鏡下Hassab術の手技の工夫  [in Japanese] Feasibility of laparoscopic gastric devascularization and splenectomy for gastric varices  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 川中 博文 Kawanaka H
    • 独立行政法人国立病院機構別府医療センター臨床研究部消化器外科|九州大学大学院消化器・総合外科 Clinical Research Institute and Department of Gastrointestinal Surgery, National Hospital Organization, Beppu Medical Center|Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 吉住 朋晴 Yoshizumi T
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 前原 喜彦 Maehara Y
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 赤星 朋比古 Akahoshi T
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 松本 佳大 Matsumoto Y
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 吉田 佳弘 Yoshida Y
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 長尾 吉泰 Nagao Y
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 橋本 直隆 Hashimoto N
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 吉田 大輔 Yoshida D
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 金城 直 Kinjo N
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 山口 将平 Yamaguchi S
    • 九州大学大学院消化器・総合外科 Department of Surgery and Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

Abstract

<p>胃上部血行郭清と脾摘を組み合わせたHassab術は,すべての胃静脈瘤に対して有用であるが,腹腔鏡下で行う場合,術中出血などのリスクが高くなるだけでなく,不十分な血行郭清で終わってしまう可能性もある.安全かつ効果的な腹腔鏡下Hassab術を行うためには,胃静脈瘤の血行動態の理解が必要不可欠である.当科では,胃静脈瘤に対する低侵襲外科治療として,標準化された安全な腹腔鏡下脾摘術の手技を基本とし,胃静脈瘤の血行動態に応じて,従来通りの血行郭清を行う腹腔鏡下Hassab術だけでなく,短胃静脈や後胃静脈が胃静脈瘤の供血路である症例には,腹腔鏡下脾摘術に加えて胃大弯側血行郭清のみ行う腹腔鏡下petit Hassab術を行っている.本研究では,腹腔鏡下Hassab術を12例,腹腔鏡下petit Hassab術を15例に施行し,全例で胃静脈瘤は消失し,平均観察期間47か月で再発・出血は経験していない.以上より,胃静脈瘤に対する腹腔鏡下手術は有用であり,左胃静脈が関与しない胃静脈瘤に対しては,胃小弯側の血行郭清を省略する腹腔鏡下petit Hassab術も胃静脈瘤治療として許容できると考えられた.</p>

Journal

  • Japanese Journal of Portal Hypertension

    Japanese Journal of Portal Hypertension 22(4), 251-258, 2016

    The Japan Society for Portal Hypertension

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007552425
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11349565
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1344-8447
  • NDL Article ID
    027799509
  • NDL Call No.
    Z19-B965
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top