Dīpaṃkaraśrījñānaが伝えたバリ儀軌について  [in Japanese] On the Works on the Ritual of Oblation Attributed to Dīpaṃkaraśrījñāna  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>チベット大蔵経の「秘密疏部」には,Dīpaṃkaraśrījñānaに帰せられる7種のバリ儀軌文献,<i>Balividhi</i>, <i>Mahākālabali</i>, <i>Amṛtodayabalividhi</i>, *<i>Jalabalivimalagrantha</i>, <i>Nāga­balividhi</i>, *<i>Balipūjavidhi</i>の著作と,<i>Caturmahārājabali</i>の翻訳書が収録されている.このうち,<i>Amṛtodayabalividhi</i>は先行する儀軌の注釈書であるために,本稿ではこれを除いた6論について考察を行う.バリ儀軌の目的は,妨害者の慰撫であると述べられおり,これらの文献も同じ目的で著されている.</p><p>その内容に関して,<i>Balividhi</i>は,魔鬼に対する一般的なバリ儀軌の紹介書である.空性の修習と三密行の加持から始まり,供物であるバリの加持方法を紹介しているが,特定のバリ儀軌については言及されない.<i>Mahākālabali</i>と<i>Nāga­balividhi</i>と<i>Caturmahārājabali</i>は,それぞれ大黒とナーガと四天王を対象とする特定の儀軌であり,それぞれの対象に対する特定の方法が紹介されている.*<i>Jalabalivimalagrantha</i>は,水を対象とする特別のバリであり,その目的は,煩悩の火に苦しむ有情の苦を寂滅することである.*<i>Balipūjavidhi</i>は,バリによる供養について酒・手・マンダラ・身体のマンダラ・供物・聚輪の観点から解説したものであり,それぞれの加持と供養の方法が説明される.ただし,最後の項目の解説は欠落している.</p><p>また,これらの文献の相互関係は次のようになる.<i>Mahākālabali</i>と<i>Catur­mahārājabali</i>は'Brom ston pa,<i>Nāgabalividhi</i>と*<i>Balipūjavidhi</i>はRin chen bzang poとともに翻訳されているので,翻訳時期はそれぞれにおいて同じ頃であり,後者のグループが早いことが推定できる.*<i>Jalabalivimalagrantha</i>は,マンユルで著されたことが記されており,著者がチベットに入った後の著書となる.ただし,<i>Balividhi</i>には著作状況を示す情報はない.</p>

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 66(3), 1137-1144, 2018

    Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007557282
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL Article ID
    028913115
  • NDL Call No.
    Z9-55
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top