08測-24-ポ-42 とっさの一歩を引き出す装置「傾きリアクション」の開発  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p> 転倒回避動作の一つであるステップピングストラテジーに着目し、その動作を安全に誘発させる装置「傾きリアクション」を開発した。動作の手順は、次の通りである。1. 対象者は自然な立位姿勢で水平な板上に乗る。2. 立位姿勢を保持したまま前方に加重する。3. 足元の板が23.7度前傾し、身体重心が支持基底面から外れるため、対象者は転倒を回避する一歩を踏み出す。さらに、板上と傾いた板が接地する床面、対象者が足を踏み出す場所にマット型スイッチを設置し、板が傾いた後に足が離れるまでの時間と板から足が離れて踏み出し足を着地させるまでの時間を測定できるようにした。そこで本研究は、考案した「傾きリアクション」装置における各測定値と体力測定値との関係性について検証することを目的とした。大学生105名(18.2±0.5歳)を対象に、「傾きリアクション」測定と体力・運動能力調査8項目の測定を実施した。その結果、握力および上体起こし、50m走、シャトルラン、ハンドボール投げの5項目と踏み出し速度との間に弱い相関が認められた。すなわち、「傾きリアクション」において足を素早く動かす能力と全身筋力や身体を移動させる能力との間に関連があると考えられた。</p>

Journal

  • Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings 69(0), 190_3-190_3, 2018

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences

Codes

Page Top