09方-25-口-23 リバウンドジャンプにおけるパフォーマンス変数および下肢関節力学量の縦断的変化とその対応関係  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p> 我々は、リバウンドジャンプテストにおける下肢3関節キネティクスをリアルタイムに計測できるシステム(QMAS、DKH社製)を用いて、リバウンドジャンプのパフォーマンス変数(RJ指数・跳躍高・接地時間)と下肢関節キネティクス(トルク・パワー・仕事)による下肢の筋力・パワーアセスメント法を開発してきた。これまで、横断データからRJ指数の向上の要因として、交互に向上する跳躍高と接地時間の存在があることが報告されている。よって、縦断データから各変数の動態が分かれば、リバウンドジャンプのパフォーマンス向上の過程が明らかになり、アセスメントを行う際に有益な知見となるものと考えられる。そこで本研究は、日本トップレベルを含む男子跳躍選手を対象に3年間にわたり測定した縦断データから、RJ指数の変化に関連する跳躍高、接地時間の変化と、それぞれが変化した時の下肢関節キネティクスの動態を検討した。その結果、RJ指数と跳躍高および接地時間の変化量との間にはそれぞれ有意な相関関係が認められ、下肢関節キネティクスの動態の違いがパフォーマンス変数の異なる変化を導いたことが明らかになった。</p>

Journal

  • Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings 69(0), 201_2-201_2, 2018

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences

Codes

Page Top