アクティブラーニングにおけるICT 活用の動向と展望 Current Trends and Perspectives of ICT Utilization in Active Learning

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>アクティブラーニングでは学習者の活動が多様であり,授業内・外,教室内・外のように,時間や空間の制約を越えて,他者と共に学習することが求められる.そのような特性の授業において学習者を効率的に支援するためには,情報の蓄積や共有を可能にするICT の活用が不可欠である.本稿では,アクティブラーニングにおいて,ICT がどのように機能・活用・研究されているのかを整理した上で,今後の研究動向を模索することを目的とする.具体的には,研究目的を3種(デバイス等の開発研究・ソフトウェア等の開発研究・デバイスやソフトウェアを活用した研究)に大別した上で,アクティブラーニングにおいて学習を深めるためのプロセスである,内化―外化を促すための学習活動(知識の獲得・協調活動・表出活動・リフレクション)について,それぞれICT が何を支援しているのかという観点で検討する.</p>

<p>In active learning, various learners' activities require learning with others beyond time and space restrictions, such as inside / outside face to face class, inside / outside classrooms, and so on. In order to efficiently support learners in classes with such characteristics, it is indispensable to utilize ICT to enable information to be accumulated and shared. In this paper, we aim to seek future research trends after classifying the functions of ICT in active learning. Specifically, the research purpose is roughly divided into three types: development of devices, development of software, and research using devices and software. Then, study activities to encourage internalization and externalization, or processes for deepening learning in active learning, are discussed from the viewpoint of what the ICT supports. The view point consists of knowledge acquisition, collaborative activities, expressive activities and reflection.</p><p></p>

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 42(3), 211-220, 2019

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007590207
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    029511467
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ