大阪工業大学・超小型月探査機プロイテレス3動力飛行用シリンドリカル型ホールスラスタの研究開発  [in Japanese] Research and Development of Cylindrical Hall Thrusters for Powered Flight of Micro/Nano Moon Exploration Satellite 3rd PROITERES at Osaka Institute of Technology  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>近年,超小型人工衛星の打ち上げが増加している.超小型人工衛星は重量50kg程度の小さい人工衛星であり,コストやリスクが軽いことが増加の理由に挙げられ,大学の研究機関や企業が中心となり研究開発の増加が見られる.大阪工業大学ではプロジェクト「PROITERES(Project of Osaka Institute of Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship)」として超小型人工衛星の開発・製作を行っており,超小型月探査衛星プロイテレス衛星3号機の計画を立案している.月探査を達成するには推進機による軌道遷移が必要である.そこで,シリンドリカル型ホールスラスタ(Cylindrical Hall Thruster : CHT)に着目し,開発を行ってきた.50kgの超小型人工衛星に推進剤を15~20kg搭載したとすると,比推力が1,300~1,900s必要である.そこで投入電力50W程度,比推力1,300s以上を推進機の目標性能とした.また,CHTの作動は電子源が必要である.しかし,現在使用している電子源は消費電力が90Wと高く超小型人工衛星に適していない.そこで全く新しい電子源の開発を計画している.</p>

Journal

  • Aeronautical and Space Sciences Japan

    Aeronautical and Space Sciences Japan 67(2), 53-58, 2019

    THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007590633
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00189072
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0021-4663
  • NDL Article ID
    029500764
  • NDL Call No.
    Z16-436
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top