One-size-fits-one::主観的な長さをもとにしたパラメトリックデザインシステム  [in Japanese] One-size-fits-one::Parametric design system based on subjective size  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

「One-size-fits-one」は、パラメトリックデザインの手法とデジタルファブリケーション機器であるCNCミリングマシン連動させ、スツールをデザイン・制作するシステムである。制作する全てのスツールは、木製の3つのパーツからなるシンプルな構造のもので、強度を確保しつつ組み立ても容易である。ユーザーは、手を広げるジェスチャーで示すことによって、想定している「座面の大きさ」と「スツールの高さ」を決定する。ソフトウェアは、入力されたデータに対応したスツールの3Dデータと各パーツの外形データを生成し出力する。ここで得られたデータをもとに、CNCミリングマシンを使ってパーツを切り出し、組み立てることによって独自の座面の大きさと高さを持つスツールとなる。

"One-size-fits-one" is a design system for designing and fabricating stools by linking the method of parametric design and the utilization of CNC milling machine which is a digital fabrication equipment. All the stools would be made up of three wooden parts with a simple structure for assembling easily, and also their strength is secured. The user would input "the width of the seat of the stool" and "the height of the stool" by indicating with gesture such as spreading hands. According to the input data, the software generates 3D of the stool and 2D data for parts cutting by CNC milling machine. By cutting out 3 parts and assembling them, it would be a unique stool which has its own seat size and height which the user demanded.

Journal

  • Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design

    Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design 24(1), 1_54-1_57, 2019

    Japanese Society for the Science of Design

Codes

Page Top