社会保障抑制政策下における在宅介護者支援制度の形成に対する視座:フィンランドの親族介護支援制度の動向を参考に  [in Japanese] Perspectives on Construction of Informal Care Support under Restrictive Policy of Care Security:Referring to Support for Informal Care Funded by the Municipality in Finland  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本では今日、家族介護を求める政策潮流が強まってきているが、在宅介護者への支援政策はしばしば、公的サービス抑制の受け皿という消極的側面と、在宅介護者の選択の自由への寄与等とみなす積極的側面から評価を二分する。本稿では、日本における在宅介護者の疲弊を改善するためのあるべき政策の方向性を見定めるため、フィンランドの親族介護支援制度とその政策背景・動向について検討し、最低限必要な視座について提起する。

Journal

  • Journal of Health and Welfare Policy

    Journal of Health and Welfare Policy 2(1), 65-86, 2019

    Japan Society for Health and Welfare Policy

Codes

Page Top