韓国におけるサッカーとナショナリズムの変容:―W杯・代表・セレブリティ―  [in Japanese] Transformation of Korean Soccer and Nationalism:―World Cup, National Team, Celebrity―  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 吳 炫錫 OH HyunSuk
    • ソウル神学大学日本語科助教授 Assistant Professor, Department of Japanese Studies, Seoul Theological University

Abstract

本稿は、戦後韓国の社会でサッカーを通じ、どのようなナショナルな言説が構築してきたのかを検討したものである。戦後、韓国の社会でのナショナルな言説の特徴は、北朝鮮に対する敵対感の表出である「反共ナショナリズム」、植民地経験による日本に対する敵対感から構築された「反日ナショナリズム」と言える。このようなナショナリズムは、サッカーにもそのまま反映されており、サッカー中継の視聴を通じてナショナリズムの構築がなされてきた。しかし、2002 年W 杯以後にはサッカーを通じるナショナルな言説が大きく変化してきた。これは、既存のサッカーを通じて構築されるという単純なイデオロギー的機能ではなく、消費社会の到来と多様性に基づき、新な形態のナショナルが言説が構築されたのである。このような時代的な変化とともに、サッカーを通じた新な形態のナショナルな言説が構築された。それは、グローバリゼーションという時代的な流れとともに、サッカー選手個人がセレブリティ化されていくことである。すなわち、セレブリティに関する言説がナショナリズムの構築につながっている。本稿ではパク・チソンとソン・フンミンを中心にサッカー選手のセレブリティとナショナリズムとの関係について考察した。サッカー選手のセレブリティとナショナリズムとの関係において、新たな形態のナショナルな言説の生産、サッカーファンダム文化との節合、資本主義との交錯などが発生する。すなわち、サッカー選手のセレブリティ化は、より多様で、複雑な言説を生み出しており、そこではナショナリズムの変容が生じているのである。

This study examines what kind of national discourse has been constructed through soccer in post-war Korean society. The characteristic of the national discourse in post-war Korean society is anti-nationalism, which is a manifestation of hostility to North Korea, and anti-Japanese nationalism, which comes from hostility toward Japan due to colonial experience. This form of nationalism has been reflected in soccer, and nationalism has been built through soccer relay viewing. However, after the 2002 World Cup, the national discourse changed through soccer. This is not a simple ideological function of establishing nationalism through the existing soccer, but a new type of national discourse based on the arrival of consumer society and diversity has emerged. Along with these changes in the times, a new form of national discourse was formed through soccer. It is going to be a trend of globalization, and the individuality of soccer players will become a reality. In other words, discourse on celebrity led to the construction of nationalism.<br> The purpose of this study is to explore the relationship between soccer player's celebrity and nationalism, focusing on soccer player Park Ji-sung and Son Hung-min. The relationship between soccer player's celebrity and nationalism arises from the production of a new type of national discourse, the articulation of soccer fandom culture, and the stalemate with capitalism. In other words, the soccer player's celebrity has more diversified and complex discourse production, and the transformation of nationalism in it is being done.

Journal

  • Japan Journal of Sport Sociology

    Japan Journal of Sport Sociology 26(1), 29-41, 2018

    Japan Society of Sport Sociology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007628361
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10536172
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0919-2751
  • NDL Article ID
    028976088
  • NDL Call No.
    Z7-B51
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top