自閉性障害のある生徒の社会的相互作用の形成  [in Japanese] Formation of social interaction of students with autism  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究では、自閉性障害のある4 名の生徒に対してゲーム参加行動の指導を行った。研究開始前、参加生徒は一方的に他者にかかわることや暴言を吐くこと、主張行動の弱さ等がみられ、ゲームが成立しにくかった。それらの実態に基づき、「遊びや遊び方を表出する」、「他者の意見を聞く」、「最後まで活動に参加する」の3 つの標的行動を決定した。指導1 期では、毎試行後に標的行動の生起に対して口頭で強化した。指導2 期では、指導1 期の手続きに加えて、社会的相互作用における適切な行動と不適切な行動に対して即時のフィードバックを与えた。指導3 期では、それらに加えて、話し合いとゲームを進行するための役割を導入した。その結果、遊びや遊び方の表出、相手の意見を聞くといった社会的相互作用が成立し、楽しそうにゲームに参加することがみられるようになった。以上の結果から、自閉性障害のある生徒の社会的相互作用の成立に必要な環境設定について考察した。</p>

Journal

  • The Japanese Journal of Autistic Spectrum

    The Japanese Journal of Autistic Spectrum 10(3), 27-33, 2013

    The Japanese Academy of Autistic Spectrum

Codes

Page Top