Body-on-a-chipと薬物動態:小腸と肝臓のデバイスを中心として  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

マイクロ流体デバイス技術と細胞培養技術の進歩により、体内の微小環境を模倣することで、臓器レベルの細胞機能の再現を目指す技術が注目されている。複数の臓器・組織を連結したデバイスはOrgans-on-a-chipあるいはBody-on-a-chipとも呼ばれ、新たな細胞アッセイのツールとして注目されるようになったが、近年microphysiological systems(MPS)と呼ばれることが多い。

Journal

  • Farumashia

    Farumashia 55(5), 414-418, 2019

    The Pharmaceutical Society of Japan

Codes

Page Top