女房という無意識:――テクストに「向こう側」はあるのか――  [in Japanese] The Role of Ladies-in-Waiting as Textual Unconscious: Is There Anything beyond the Text?  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>『源氏物語』宇治十帖後半部では、しばしば指摘されるとおり、女房や家人が、匂宮や浮舟の背後で暗躍する。</p><p>夕顔巻や末摘花巻など、女房や家人に焦点があてられる巻々は、正編にも見いだせる。だが、女房や家人が複数の家々を渡り歩く「所属不明」の存在であることは、宇治十帖後半部においてこそ活写される。女房や家人が、家と人物の自己完結を阻むこと――『源氏物語』は、全編の締めくくりにおいて、そのことを浮かびあがらせる。</p><p>女房や家人はまた、物語内で進行する出来事について論評し、今後のなりゆきに想像をめぐらせる。そのことをつうじて、テクスト内で起こりつつある事件と、過去の史実や他のテクストが結びつけられる。女房や家人は、テクストの自己完結をも阻むのだ。宇治十帖後半部はこの側面も、克明に語りとっている。</p><p>物語内容を一面的に追うだけでは、王朝物語は読み解けない。物語内の出来事と、それにかかわる「別の審級」を、重ねあわせるような迫り方をしなくてはならない――『源氏物語』はそのことを、全編の最後に主張したかったのではないか。だとすれば『源氏物語』は、モダニズム芸術が直面していたのと、通底する問題を抱えていたことになる。</p><p>一見した際にあらわれる意味と、その意味を別ものに換えてしまう「深層」を、モダニズム芸術は合わせもつ。「近代」と、「近代」によって排除されたものの葛藤を具現するための必然である。精神分析が「無意識」の概念を召喚したのも、モダニズム芸術と同じ課題に向きあおうとしたからに他ならない。</p><p>本発表では、モダニズム芸術に通じる構えを、なぜ『源氏物語』が必要としたのかについて考察する。グローバル化への反動として、ローカルなものへの固着が生じている現在、文学と文学研究がいかにあるべきかを、最終的には提案したい。</p>

<p>It has been often pointed out that the ladies-in-waiting play an important part in the latter part of the "Ten Chapters of Uji." They exist as others who can see the noble families in a detached way and make critical comments on what is going on there. In this way they not only expose the falsehood of the self-contented family relations but also disrupt a unity of the apparently closed text. Such an ironic form of <i>Genji-monogatari</i> reminds one of a modernist work which has explicit and implicit meaning to express contradictions between modernization and something repressed under it or psychoanalytically between consciousness and unconscious. The old story written in a modernist style may point to the direction of today's literature and literary studies which face conflicts between globalization and localization.</p>

Journal

  • Japanese Literature

    Japanese Literature 63(4), 18-29, 2014

    Japanese Literature Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007642256
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00197092
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-9903
  • NDL Article ID
    025393317
  • NDL Call No.
    Z13-438
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top