物理授業におけるランベルトのW関数の活用法  [in Japanese] How to utilize the Lambert W function in physics classes  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>ランベルトのW関数は,指数関数を含む超越方程式を解析的に表現するときに使う.大学物理の授業において,ランベルトのW関数が適用できる演習問題をいくつか示し,数理的な要素を含んだ授業ができることを紹介する.特に理系学生が,最初に微積分と出会う「粘性抵抗を受ける質点運動」の問題において,ランベルトのW関数は有効となる.また,懸垂線の導出で有名な「ぶら下げた鎖の形状」の問題において,ランベルトのW関数を使うと鎖のたるみの長さが計算できる.</p>

Journal

  • Journal of the Physics Education Society of Japan

    Journal of the Physics Education Society of Japan 67(1), 22-26, 2019

    The Physics Education Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007642869
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0021972X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0385-6992
  • NDL Article ID
    029615986
  • NDL Call No.
    Z15-2
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top