スギさし木苗における根系形質に関するゲノムワイド関連解析  [in Japanese] Genome-wide association study for root traits of cuttings in <i>Cryptomeria japonica</i>  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 福田 有樹 Fukuda Yuki
    • (国研)森林機構 森林総合研究所林木育種センター|九州大学大学院生物資源環境科学府 Forestry and Forest Products Research Institute Forest Tree Breeding Center|九州大学大学院生物資源環境科学府
    • 平岡 裕一郎 Hiraoka Yuichiro
    • (国研)森林機構 森林総合研究所林木育種センター Forestry and Forest Products Research Institute Forest Tree Breeding Center
    • 三嶋 賢太郎 Mishima Kentaro
    • (国研)森林機構 森林総合研究所林木育種センター Forestry and Forest Products Research Institute Forest Tree Breeding Center
    • 平尾 知士 Hirao Tomonori
    • (国研)森林機構 森林総合研究所林木育種センター|(国研)森林機構 森林総合研究所森林バイオ研究センター Forestry and Forest Products Research Institute Forest Tree Breeding Center|(国研)森林機構 森林総合研究所森林バイオ研究センター
    • 大平 峰子 Ohira Mineko
    • (国研)森林機構 森林総合研究所林木育種センター Forestry and Forest Products Research Institute Forest Tree Breeding Center
    • 井城 泰一 Iki Taiichi
    • (国研)森林機構 森林総合研究所林木育種センター東北育種場 Forestry and Forest Products Research Institute Forest Tree Breeding Center
    • 三浦 真弘 Miura Masahiro
    • (国研)森林機構 森林総合研究所林木育種センター関西育種場 Forestry and Forest Products Research Institute Forest Tree Breeding Center
    • 栗田 学 Kurita Manabu
    • (国研)森林機構 森林総合研究所林木育種センター九州育種場 Forestry and Forest Products Research Institute Forest Tree Breeding Center

Abstract

<p>植物の地下部器官である根が有する、地中の養水分を吸収する機能は、植物体の成長性などに関与している。したがって、根の量や構造などの根系形質は植物にとって重要な形質であり、その形成に関わる要因を明らかにすることは非常に意義深い。本研究では、スギにおける根系の形成に関連する要因の一つとしての遺伝子型多型(SNP)あるいは遺伝子群を特定することを目的とした。スギ精英樹188クローンのさし木苗を用いて、さし付けてから1成長期後における根量(総根長、表面積及び体積)、根径(平均直径及び細根率)、根系構造(根端密度及び分枝密度)といった3つのカテゴリーに分類される7つの根系形質をフェノタイピングデータとし、これまでに林木育種センターにおいて得られている約7万のSNPジェノタイピングデータを用いて、ゲノムワイド関連解析を試行したところ、各形質に有意に関連すると考えられるSNPsが検出された。本報告ではその結果について示すとともに、スギさし木苗における根系の形成に関連する遺伝子群の同定に向けた今後の展開や育種における根系形質の重要性について議論を行う。</p>

<p>[in Japanese]</p>

Journal

  • The Japanese Forest Society Congress

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 598, 2019

    THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY

Codes

Page Top