北海道新幹線並行在来線区間における都市間公共交通のニーズ分析  [in Japanese] Need Analysis of Level of Intercity Public Transportation Services along the Hokkaido Shinkansen Line  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、北海道新幹線新函館~札幌間の並行在来線区間における余市町、倶知安町において、都市間公共交通サービスレベルに対する住民のニーズを分析することを目的とする。すなわち、JR利用者の多い余市町と倶知安町で札幌方面への移動における公共交通に関する意識調査を行い、鉄道の存続やバス転換等、都市間公共交通のあり方を明らかにするものである。分析の結果、鉄道の場合は駅での乗換が生じるため、都市間バスが自宅の最寄りのバス停から乗換無しで札幌に行ける場合は、鉄道よりも都市間バスの満足度が高いことがわかった。

Journal

  • The Japanese Journal of Transportation Economics

    The Japanese Journal of Transportation Economics 56(0), 75-82, 2013

    The Japan Society of Transportation Economics

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007654858
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00084008
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0387-3137
  • NDL Article ID
    024577700
  • NDL Call No.
    Z5-126
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top