公共交通不便地域におけるバスサービスの変化と住民の反応 Influence of Level of Bus Transportation Service on Daily Life Activity in Rural Areas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本研究は,公共交通が不便な地域においてバスサービスの大幅な改善と縮小を経験した住民の反応に着目する.この過程において,サービス水準の低下に対する住民の行動の変化とともに,サービス水準の変化が住民の活動への欲求に与える影響を分析する.その結果,活動の種類によって行動の変化が異なるとともに,サービス水準の低下の度合いの差異が行動の質的な変化に影響を及ぼしうることが明らかになった.さらに,サービス水準が低下すれば欲する活動を取りやめるのみならず,欲すること自体をしなくなることが明らかになった.サービス水準の差異は,人々の行動面のみならず,活動への欲求面にも差異をもたらすことが示された.</p>

<p>This study focuses on how sequential changes of the bus transportation service affects the behavior and needs formation of the residents in rural areas. As a result, the change of the behavior is different from the purpose of activity and is also different from the level of the service. In addition, the needs formation depends on the service level so that people tends to form the modest needs if the service level is low. Then it is suggested that the difference of the service level make the difference of not only behavior but also needs formation.</p>

収録刊行物

  • 運輸政策研究

    運輸政策研究 9(4), 017-023, 2007

    一般財団法人 運輸総合研究所

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007656287
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11287548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1344-3348
  • NDL 記事登録ID
    8675322
  • NDL 雑誌分類
    ZD33(経済--運輸・通信)
  • NDL 請求記号
    Z71-C180
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ