国内のコホート研究で使用されている身体活動質問票による総エネルギー消費量の算出に向けたスコアリングプロトコル Scoring protocol for calculation of total energy expenditure by physical activity questionnaires used in Japanese cohort studies

この論文にアクセスする

著者

    • 笹井 浩行 Sasai Hiroyuki
    • 東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系 Department of Life Sciences, Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo
    • 村上 晴香 Murakami Haruka
    • 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所身体活動研究部 Department of Physical Activity Research, National Institute of Health and Nutrition, National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition
    • 川上 諒子 Kawakami Ryoko
    • 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所身体活動研究部 Department of Physical Activity Research, National Institute of Health and Nutrition, National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition
    • 田中 茂穂 Tanaka Shigeho
    • 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所栄養代謝研究部 Department of Nutrition and Metabolism, National Institute of Health and Nutrition, National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition
    • 宮地 元彦 Miyachi Motohiko
    • 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所身体活動研究部 Department of Physical Activity Research, National Institute of Health and Nutrition, National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition

抄録

<p>身体活動量を調査し,身体不活動を是正することは,公衆衛生学的に非常に重要である。身体活動量の調査手法としては,多くの場合,身体活動質問票(physical activity questionnaires; PAQs)が用いられており,PAQsの中で24時間の行動内容とそれぞれのメッツ値が把握できれば,総エネルギー消費量(total energy expenditure; TEE)を推定できる。TEEは健康アウトカムとの量反応関係を検討するうえで重要な指標であり,さまざまなPAQsからTEEという同一の指標が算出できれば,複数のコホート研究の比較可能性を高めることができる。そこで,本研究では,我が国における代表的なコホート研究で使用されているPAQsを収集し,それぞれのPAQsからTEE を算出するためのスコアリングプロトコルを整理・提案することを目的とした。各コホート研究の代表者らの協力を得て,21のPAQsを収集し,その中でTEEが算出可能な7つのPAQsについて,その特徴とTEE算出方法を詳述した。PAQs間の整合性を考慮すると,各項目に割り当てるメッツ値を修正する必要があったり,公式なスコアリングプロトコルでは割り当てるメッツ値が定められていなかったりするなど,改善が必要な点が残されている。今後は,この点についての議論を深めるとともに,本研究で整理・提案したTEE算出のためのスコアリングプロトコルの妥当性を検討していくことが必要である。</p>

<p>With regard to public health, it is essential to assess physical activity and to reduce physical inactivity. Physical activity questionnaires (PAQs) are a common method of assessing physical activity. If PAQs can be used to obtain information about 24-hour behaviors and metabolic equivalents (METs), then total energy expenditure (TEE) can be estimated. TEE is an important measure to test dose-response relationships with health outcomes. If TEE can be calculated from various PAQs, comparability among cohort studies is improved. The purpose of the present study is to collect PAQs used in major Japanese cohort studies, and to show the scoring protocol for TEE estimation through the PAQs. With cooperation from principal investigators of each cohort study, 21 PAQs were collected. Of these, 7 PAQs were detailed enough to calculate TEE, and the scoring protocols for TEE estimation were shown. It remains a matter of debate as to how to assign METs to some questionnaire items, as consistency among PAQs needs to be taken into account. And also, in some PAQs, METs were not officially assigned. Further discussion of these points and further studies to test the validity of the scoring protocol for TEE estimation are necessary.</p>

収録刊行物

  • 運動疫学研究

    運動疫学研究 19(2), 83-92, 2017

    日本運動疫学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007663102
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11865338
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1347-5827
  • NDL 記事登録ID
    028664129
  • NDL 請求記号
    Z74-C960
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ