図書館経営におけるブランド戦略の分析  [in Japanese] Analysis of Brand Strategy in Library Management  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 松下 彩華 MATSUSHITA Ayaka
    • 筑波大学情報学群知識情報・図書館学類 College of Knowledge and Library Sciences, School of Informatics, University of Tsukuba
    • 宇陀 則彦 UDA Norihiko
    • 筑波大学図書館情報メディア系 Faculty of Library, Information and Media Science, University of Tsukuba

Abstract

<p> インターネットの普及により、図書館の役割は相対的に低下し、新しい図書館像の模索が始まった。新しい図書館を構築するためには、既存の手法を図書館経営に応用することが有効であるとの考えから、マーケティングやブランディングに力をいれる図書館が増えてきた。そこで、本研究では、ブランド戦略に焦点をあて、図書館に適したモデルについて考察することを目的とする。本研究の手法は以下のとおりである。まず、基準となるブランディングモデルを選択し、そのモデルを基準に、ブランディングを実施したと表明している図書館と、ブランディングを実施したとは表明していないが、先進的な試みを行ったと評判の図書館を調査する。得られた結果をもとに、2つの図書館を分析し、選択したブランディングモデルが図書館のブランディングモデルとしてふさわしいかを考察する。</p>

<p> With the spread of the Internet, the role of libraries has relatively diminished, and the search for a new library image has begun. In order to build a new library, there is an increase in libraries that can focus on marketing and branding, considering that it is effective to apply existing methods to library management. This research focus on brand strategy and aim to consider the model suitable for the library. The method of the research is as follows. First, select a branding model as a standard, and based on that model, a library that has stated that it has carried out branding and a library that has not said that it has carried out branding, but it has a reputation for having made advanced attempts. Investigate the library. Based on the obtained results, we analyze two libraries and consider whether the selected branding model is suitable as a library branding model.</p>

Journal

  • Joho Chishiki Gakkaishi

    Joho Chishiki Gakkaishi 29(2), 129-134, 2019

    Japan Society of Information and Knowledge

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007668569
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10459774
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0917-1436
  • NDL Article ID
    029766883
  • NDL Call No.
    Z14-1782
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top