台湾民間工芸「捏麺」に基づいた商品設計研究  [in Japanese] Product Design study of Dough Figurine of folk crafts in Taiwan  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>「捏&#40629;」とはいわゆる日本のしん粉細工である。本来中国伝来の民間工芸の一つであり、中国では面塑、面花、礼&#39309;、花&#31957;と呼ばれる。その材料は主に小麦粉及びもち米粉で、水と塩あるいは砂糖を入れ、かき混ぜたあとに蒸し、着色し、できた生地である。そして「捏&#40629;人」はこの多彩な生地及び小さな鋏などの道具を使い、実在である動物、植物、花、人物や空想上の神仙、龍、鳳凰、麒麟などの造形物を製作する。<br/>台湾における捏&#40629;人は昔冠婚葬祭、長寿祝い、祭典などの民間イベントに多用されており、食べることもあったが、時代の変化とともに、材料も前述した食用材料から化学材料と変わってきており、現在は観賞用だけで、食用不可となっている。</p>

<p>The research centered on dough sculptures, craftsmanship, and culture as the main core, and transformed the traditional model into a substantial and tangible commodity. It is expected that the user will be able to generate specific feelings and deep impressions during use.</p>

Journal

  • PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD

    PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD 66(0), 336, 2019

    Japanese Society for the Science of Design

Codes

Page Top