生活者との共創による「ステルス防災」のデザイン  [in Japanese] Designing "STEALTH BOSAI" with citizens  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>日本は,世界的に見て,自然災害が多い国である.しかしながら,日本国民の防災意識を見てみると,大災害の発生に対する意識は高いものの,実際に日常生活で防災の行動や備えができている人はおよそ35%程度しかいないことが分かっている.このように,防災・減災のための行動や備えをすることは,日常生活において"後手後手"に回っていることが現状である.<br/>以上に述べたようなことは,防災への「関心(意識)」と「行動」の間にあるギャップ(一種のKnowing-Doing Gap)として捉えられる.このギャップをいかに埋めればよいのか?,ギャップを埋めるための製品やサービス,仕組み,社会はいかにデザインできるか?.本研究ではこのような問いに対して,防災・減災のための新たなデザインコンセプトとして「ステルス防災」を提案する.そして,生活者との共創を通じて,ステルス防災を実現するプロダクトやサービスの具体的アイデアを探索する.</p>

<p>One of the biggest issue in disaster management ("BOSAI" in Japanese) by citizens is a gap between consciousness and behavior. A lot of citizens knows the importance of BOSAI, but many of them are not making actions for it in their daily lives. To solve this problem, we propose a novel design concept called "STEALTH BOSAI". STEALT BOSAI indicates a concept to install BOSAI activities or products in the daily lives and living environment. We explored service/product ideas for STEALTH BOSAI via Living Lab process.</p>

Journal

  • PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD

    PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD 66(0), 384, 2019

    Japanese Society for the Science of Design

Codes

Page Top