構造情報を取り入れた進化工学的アプローチによる分子認識タンパク質の設計  [in Japanese] Combination of molecular evolution and conformational information for antibody mimic  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>組換えタンパク質技術の一般化が進む中、タンパク質構造の情報化とライブラリー法技術の進展はタンパク質工学の世界を大きく変えつつある。ライブラリー規模を拡大させる技術的な進歩の他に、コドンの設計技術による自在なアミノ酸群でのライブラリー作製やタンパク質の構造情報を利用した局所的なライブラリー化は、有効な配列空間の設計を可能とし、単なるタンパク質の機能向上や改変ではなく、本来もっていない機能を発現させるまでに至っている。本稿では、タンパク質へ分子認識機能を付加させる技術を通して、現在のタンパク質を「創る」研究を紹介する。</p>

<p>Advance in library approach and accumulation of conformational information of proteins are causing drastic changes of protein engineering. Flexible design for the combination of amino acids appearing in library and easy access to conformational information enable us to draw up effective and dense libraries to express a new function on non-functional protein. Here, we show the creation of a protein with a new function, especially molecular recognition, by means of library approach and conformational information of proteins.</p>

Journal

  • MEDCHEM NEWS

    MEDCHEM NEWS 27(1), 25-29, 2017

    The Pharmaceutical Society of Japan

Codes

Page Top