鹿児島県指宿市におけるモイドン等に関わる伝統行事の存続状況と継承課題の把握  [in Japanese] Study on Continuation Situation and Succession of the Traditional Events on Moidon in Ibusuki City, Kagoshima Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

鹿児島県の薩摩・大隅半島には,「モイドン(森殿)」や「モイヤマ(森山)」とよばれる信仰対象の森がある。モイドンはこの地方で門(かど)とよばれる藩政以来の農村の小規模な同族集団の神として祀られ,年1回行われる祭りを通じ,古くから地域コミュニティの拠点となっていた。しかし,鹿児島県錦江町における既往研究では,近年モイドンは消失傾向にあることが報告されており,今後の保全方策の検討が課題となっている。指宿市で実施された既往研究では,有形民俗文化財に指定され,市を代表する文化財となっている2件のモイドンにおいてさえ,祭りや日常管理の担い手の減少が認められ,モイドンに関わる運営規模を見直す必要性が示唆されている。なお,過疎化が進行する指宿市内の農村地域では,モイドンの他に「内神」とよばれる門で祀られる神が存在し,年1回の祭りが行われる。一方,門よりも規模の大きい集落や校区の単位で実施される伝統行事もある。前述の既往研究をふまえると,これらの運営規模の異なる伝統行事に着目し,住民意識から伝統行事の存続のあり方を探る必要があるといえる。さらに,既往研究から,モイドンは集落にとって空間的に重要な場所に立地していることや,神体の樹木が消失して付随していた石や祠のみが移動し継承される事例もある。このように,継承に際して利用しやすい場所が新たに選択されるケースがあることから,継承する場所に注目する必要があるといえる。そこで本研究では,指宿市において,モイドンをはじめとする運営規模の異なる伝統行事を対象に,行事の実施場所もふまえ,行事の存続状況を行事に対する住民意識から把握するとともに,それらを比較することで,門の伝統行事の継承課題を探ることを目的とした。

<p>In order to clarify the issues on succession of the traditional events, we investigated the places where the traditional events are held, the relation to the traditional events of the local residents, and resident consciousness of the future way in Ibusuki city, Kagoshima prefecture. The results show that most of the festivals of the "Kado" such as Moidon and Uchigami were held at the private lands, and most of the traditional events on village or elementary school district such as Onibitaki and Rokugatsudo were held at the community centers or the common open spaces of the village communities. It is suggested that the local residents lack the sense of belonging to the "Kado", therefore the festivals of Moidon and Uchigami have become difficult to continue. It is necessary for the festivals of the "Kado" to expand the management unit to the village, and to reconsider the places of implementation. On the other hand, Onibitaki and Rokugatsudo were found to be events for all generations to participate. However, it became clear that the younger generation had a tendency to feel the problems against the future implementation of these two kinds of events.</p>

Journal

  • Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 82(5), 567-572, 2019

    Japanese Institute of Landscape Architecture

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007672686
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10455955
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1340-8984
  • NDL Article ID
    029710237
  • NDL Call No.
    Z11-315
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top