視床下部<i>Ptf1a</i>は脳の性分化に必要である  [in Japanese] Forebrain <i>Ptf1a</i> is required for sexual differentiation of the brain  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 藤山 知之 FUJIYAMA Tomoyuki
    • 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)|国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 病態生化学研究部 International Institute for Integrative Sleep Medicine, The University of Tsukuba|Department of Biochemistry and Cellular Biology, National Institute of Neuroscience, NCNP
    • 大輪 智雄 OWA Tomoo
    • 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 病態生化学研究部 Department of Biochemistry and Cellular Biology, National Institute of Neuroscience, NCNP
    • 長岡 麻衣 NAGAOKA Mai
    • 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 病態生化学研究部 Department of Biochemistry and Cellular Biology, National Institute of Neuroscience, NCNP
    • 柳沢 正史 YANAGISAWA Masashi
    • 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)|テキサス大学サウスウェスタン医学センター International Institute for Integrative Sleep Medicine, The University of Tsukuba|Howard Hughes Medical Institute, UT Southwestern Medical Center
    • 星野 幹雄 HOSHINO Mikio
    • 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 病態生化学研究部 Department of Biochemistry and Cellular Biology, National Institute of Neuroscience, NCNP
    • 船戸 弘正 FUNATO Hiromasa
    • 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)|東邦大学医学部解剖学講座微細形態学分野 International Institute for Integrative Sleep Medicine, The University of Tsukuba|Department of Anatomy, Toho University
    • 柿﨑 美代 KAKIZAKI Miyo
    • 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS) International Institute for Integrative Sleep Medicine, The University of Tsukuba
    • 管野 里美 KANNO Satomi
    • 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS) International Institute for Integrative Sleep Medicine, The University of Tsukuba
    • 石川 由紀子 ISHIKAWA Yukiko
    • 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS) International Institute for Integrative Sleep Medicine, The University of Tsukuba
    • 宮下 聡 MIYASHITA Satoshi
    • 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 病態生化学研究部 Department of Biochemistry and Cellular Biology, National Institute of Neuroscience, NCNP
    • 山下 真理子 YAMASHITA Mariko
    • 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 病態生化学研究部 Department of Biochemistry and Cellular Biology, National Institute of Neuroscience, NCNP

Abstract

<p>男性と女性では脳の構造や機能に生まれつき差異があり、その差異を出発点とし、成長を通じてものの考え方や立ち居振る舞い、嗜好などに違いが現れる。ヒトを含む哺乳類の脳は「臨界期」と呼ばれる時期にテストステロン刺激を受けると男性化し、その刺激を受けないと女性化することが知られている。しかし「臨界期」以前の脳の性分化機構についてはよくわかっていなかった。われわれは、膵臓や小脳の発達に関わる<i>Ptf1a</i>遺伝子が「臨界期」より遥かに前の胎児期において視床下部と呼ばれる脳領域の神経前駆細胞で発現することを見出した。その領域で<i>Ptf1a</i>遺伝子を破壊したノックアウトマウスを作製したところ、その脳は「臨界期」にテストステロン刺激を受けても男性化できず、その一方でテストステロン刺激を受けない場合でも女性化できないことが観察された。このことから、(1)脳の性分化(男性化または女性化)のためには、「臨界期」以前に「性分化準備状態」になる必要があること、そして(2)胎児期の視床下部<i>Ptf1a</i>が脳を「性分化準備状態」へと導き、その後の「臨界期」でのテストステロン刺激・非刺激によって男性脳・女性脳へと性分化させるということが明らかになった。これまでにも脳の性分化に関わる遺伝子はいくつか報告されているが、<i>Ptf1a</i>はそれらの中で最も早く働く最上流遺伝子であり、脳の性分化の最初期段階を明らかにしたとも考えられる。</p>

<p>[in Japanese] </p>

Journal

  • Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), P-87E, 2019

    The Japanese Society of Toxicology

Codes

Page Top