難治部分てんかん患者の焦点検索における、発作時DC電位・発作時HFOの記録および解析の手引きに向けて(多施設合同による解析手法)  [in Japanese] Revised Proposal of Clinical Practice Parameter in Recording and Analysis of Ictal DC Shifts and ictal HFOs in Intractable Partial Epilepsy for Epilepsy Surgery  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 中谷 光良 Nakatani Mitsuyoshi
    • 京都大学大学院医学研究科臨床神経学|順天堂大学大学院医学研究科臨床神経学 Dept. of Neurology, Kyoto University Graduate School of Medicine|Dept. of Neurology, Juntendo University Graduate School of Medicine
    • 渡辺 裕貴 Watanabe Yutaka
    • 国立精神・神経医療研究センター病院精神科|医療法人天仁会天久台病院精神科 Dept. of Psychiatry, National Center Hospital, National Center of Neurology and Psychiatry|Dept. of Psychiatry, Amekudai Hospital, Tenjinkai Medical Corporation
    • 岩崎 真樹 Iwasaki Masaki
    • 国立精神・神経医療研究センター病院脳神経外科 Dept. of Neurosurgery, National Center Hospital, National Center of Neurology and Psychiatry
    • 臼井 直敬 Usui Naotaka
    • 国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター脳神経外科 Dept. of Neurosurgery, NHO Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorders
    • 井上 有史 Inoue Yushi
    • 国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター精神科 Dept. of Psychiatry, NHO Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorders
    • 前原 健寿 Maehara Taketoshi
    • 東京医科歯科大学大学院医学研究科脳神経外科学 Dept. of Neurosurgery, Tokyo Medical and Dental University Graduate School of Medicine
    • 池田 昭夫 Ikeda Akio
    • 京都大学大学院医学研究科てんかん・運動異常生理学 Dept. of Epilepsy, Movement Disorders and Physiology, Kyoto University
    • 井内 盛遠 Inouchi Morito
    • 京都大学大学院医学研究科てんかん・運動異常生理学|京都市立病院神経内科 Dept. of Epilepsy, Movement Disorders and Physiology, Kyoto University|Dept. of Neurology, Kyoto City Hospital
    • 大封 昌子 Daifu Masako
    • 京都大学大学院医学研究科臨床神経学 Dept. of Neurology, Kyoto University Graduate School of Medicine
    • 十川 純平 Togawa Jumpei
    • 京都大学大学院医学研究科臨床神経学 Dept. of Neurology, Kyoto University Graduate School of Medicine
    • 橋本 聡華 Hashimoto Satoka
    • 東京医科歯科大学大学院医学研究科脳神経外科学 Dept. of Neurosurgery, Tokyo Medical and Dental University Graduate School of Medicine
    • 稲次 基希 Inaji Motoki
    • 東京医科歯科大学大学院医学研究科脳神経外科学 Dept. of Neurosurgery, Tokyo Medical and Dental University Graduate School of Medicine
    • 金澤 恭子 Kanazawa Kyoko
    • 国立精神・神経医療研究センター病院脳神経内科 Dept. of Neurology, National Center Hospital, National Center of Neurology and Psychiatry

Abstract

<p>近年デジタル脳波計の進歩により、従来のいわゆるBerger帯域より広域の周波数帯域の脳波の記録が可能となった。1 Hz以下の低周波数帯域の活動、200 Hz以上の高周波数帯域の活動が記録できるようになり、従来の脳波に加え、DC電位(注:一部infraslowとしても記載されている)、高周波数律動(High frequency oscillations、HFO)といった新たな情報が得られるようになった<sup>1)</sup>。両指標は、ともにてんかん原性の中核領域を示唆することが予想され、焦点のバイオマーカー候補として注目されている。しかし、これら発作時DC電位・発作時HFOは定義、記録・解析方法などがコンセンサスの形成の途上であり、評価の方法も様々であるため、比較検討することが難しいことがある。現在我々は、頭蓋内電極記録を施行されたてんかん患者の発作時脳波を多施設合同で解析しており、その際生じた問題点を議論し、今後信頼性のある標準化されたデータを蓄積してゆくことを目的に、現時点における記録・解析の臨床実践の指標へ向けて共通の試案<sup>2)</sup>を2017年に作成し、その後関連学会で内容に関して検討修正された内容を追記修正して、「難治部分てんかん患者の焦点検索における、発作時DC電位・発作時HFOの記録および解析の手引きに向けて(多施設合同による解析手法)」とした。以下、広域周波数帯域解析ソフトを用いた、基本的な記録・解析方法につき概説する。</p>

<p>Recently, the development of digital EEG technology has enabled us to visualize EEG activities of wider frequency bands in addition to conventional 'Berger bands'. We could record the low frequency activities below 1 Hz and also the high frequency activities above 200 Hz, and utilize such novel information as DC shift (infra-slow) and high frequency oscillations (HFO). Both activities have been found in epileptogenic areas, and have received much attention as new surrogate biomarkers of epileptic focus. However, the definition and methods of recoding/analysis have not been well established so that it would be difficult to compare previous reports from various institutes. Previously the standardization of clinical practice parameter in recording and analysis of ictal DC shifts and ictal HFOs was proposed based on multi-institutional collaborative study about wide-band EEG analysis of ictal electrocorticogram by AMED (J. Jpn. Epil. Soc. 2017; 35: 3-13). We are now presenting the revised proposal by adding and rectifying several points after the collaboration of several academic societies of clinical neuroscience in Japan.</p>

Journal

  • Journal of the Japan Epilepsy Society

    Journal of the Japan Epilepsy Society 37(1), 38-50, 2019

    JAPAN EPILEPSY SOCIETY

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007680195
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0912-0890
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top