縄文土器に残る圧痕から栽培植物の起源を探る  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>レプリカ・セム法という新たな分析法を用いて,縄文土器の表面に刻まれた「圧痕」から,当時の人々が利用していた有用植物が数多く発見されるようになった。これらの植物種子の大きさや形態変化を分析した結果,エゴマやダイズ,アズキなどの特定植物が縄文人によって栽培され,日本列島独自に栽培化が進んでいたことが明らかになった。</p>

Journal

  • CHEMISTRY & EDUCATION

    CHEMISTRY & EDUCATION 66(8), 372-375, 2018

    The Chemical Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007686380
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10033386
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-2151
  • NDL Article ID
    029216067
  • NDL Call No.
    Z17-60
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top