分娩介助実習前の学生の気づきを促すための模擬産婦に対するフィードバック研修の試み  [in Japanese] An attempt to provide feedback training to simulated parturient women to promote awareness of students before midwifery practicum  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 森 美紀 Mori Miki
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 Department of Nursing, School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University
    • 鈴木 幸子 Suzuki Sachiko
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 Department of Nursing, School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University
    • 石井 邦子 Ishii Kuniko
    • 千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科 Department of Nursing, Faculty of Health Sciences, Chiba Prefectural University of Health Sciences
    • 山本 英子 Yamamoto Eiko
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 Department of Nursing, School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University
    • 北川 良子 Kitagawa Ryoko
    • 千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科 Department of Nursing, Faculty of Health Sciences, Chiba Prefectural University of Health Sciences
    • 川城 由紀子 Kawashiro Yukiko
    • 千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科 Department of Nursing, Faculty of Health Sciences, Chiba Prefectural University of Health Sciences
    • 東原 亜希子 Higashihara Akiko
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 Department of Nursing, School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University

Abstract

<p> これまでに研究者らは、分娩介助実習前の学生に対する分娩介助演習を充実させるため、模擬産婦の養成および胎児心拍陣痛図再生装置の開発に取り組んできた。分娩介助演習において模擬産婦は、分娩第2期のシナリオに沿って産婦を演じ、その後、演習での学生の言動に対して産婦の立場からフィードバックを行う。</p><p> これまでに実施してきた演習の評価から、学生の実習前の準備状態を整え、学生が自己の課題を明確化する気づきを得るには双方向性のフィードバックが有用であると考えた。そこで今回、分娩介助実習前の学生の自らの気づきをより一層促すことのできる双方向性フィードバックを目指し、模擬産婦に対して「フィードバック研修」を実施したので報告する。</p>

Journal

  • Journal of Human Care Sciences

    Journal of Human Care Sciences 8(0), 75-82, 2019

    The SPU Academy of Human Care Science

Codes

Page Top