施設果菜類のコナジラミ類(カメムシ目:コナジラミ科)に対する音と振動を用いた防除技術開発に向けて  [in Japanese] Towards the Management of Whiteflies(Hemiptera: Aleyrodidae)in Greenhouse by Using Acoustic and Vibrational Methods  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

農業現場で発生するコナジラミ類に対して,音響や振動を用いてその配偶行動を撹乱することができれば,これまでにない,省力的な防除法が確立できる。コナジラミ類は産雄単為生殖であることから,音響や振動を用いて,交尾の成功率を低下させることができるのであれば(未交尾雌からは次世代虫は産まれるものの,それらは雄のみであるので)次次世代の個体数を低減させる効果が期待される。そこで,我々は,コナジラミ類の個体群を日本各地から収集し,新たに開発した手法を用いてコナジラミ類の発生音と行動を収録した。さらに,その発生音を解析して得られた知見に基づき,トマト等の栽培施設において,コナジラミ類の行動を阻害する音を効果的に照射できる音響防除機器の開発を行った。

Journal

  • Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology

    Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology 63(3), 97-107, 2019

    JAPANESE SOCIETY OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007706741
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186121
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0021-4914
  • NDL Article ID
    029975153
  • NDL Call No.
    Z18-41
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE  JASI 
Page Top