胚発生の単元における3D教材を用いた授業実践:~生徒の空間能力の違いを考慮した学習効果の検討~ Teaching the developmental process of amphibian embryo using 3D teaching materials:― Focusing on its effect for learners with various spatial abilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本研究では,まず,胚の発生の単元において3D教材が必要とされているかを現職の高校生物教員を対象としたアンケート調査により明らかにした.次いで,胚の発生に関する3D教材(模型教材, CG教材)を利用した授業を実践し,生徒の空間能力を考慮しながら,その学習効果について検討した.アンケートの結果,両生類胚における神経管の発達過程についての3D教材が特に必要とされていることが明らかになった.また,授業前後テストの結果,模型教材とCG教材は共に,原基分布図に関する学習に有効であり,模型教材は胚の断面に関する学習にも有効であることが示唆された.さらに,胚の断面の学習において空間能力が低い生徒にとって,直接操作が可能な模型教材を用いた方が学習効果が出やすい可能性があることについて言及した.</p>

<p>In this study, we investigated the need for 3D teaching materials on embryogenesis by using a questionnaire for in-service high school biology teachers. Moreover, we examined the effectiveness of 3D teaching materials through lessons, while considering the students' spatial abilities. As a result, four points were revealed. First, the questionnaire survey revealed that 3D teaching materials were most required for teaching neural tube development processes in amphibian embryos. Second, pre- and post-tests in the lesson of the embryo genesis suggested that using hands-on and CG materials contribute to students' better understanding of the fate map. Third, hands-on activity was also effective for learning about embryo profiles. Finally, it has turned out that hands-on materials can facilitate learning of students with low spatial abilities because they allow students to directly touch the materials.</p>

収録刊行物

  • 生物教育

    生物教育 54(1), 2-15, 2013

    一般社団法人 日本生物教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007719610
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0012957X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0287-119X
  • NDL 記事登録ID
    025009852
  • NDL 請求記号
    Z18-53
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ