「自立論証(svatantram anumānam)」という用語について  [in Japanese] On <i>svatantram anumānam</i>  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>中観派を自認するチャンドラキールティ(ca. 600–650)は,自らの著作において,先行するバーヴィヴェーカを批判している.その批判におけるキーワードは,『中論』の註釈書である『プラサンナパダー』に登場する「自立論証(svatantram anumānam)」だと考えられてきている.しかしながら,管見の限り,この用語は『プラサンナパダー』以外では用例がない.</p><p>本稿は,バーヴィヴェーカの『般若灯論』やチャンドラキールティの『プラサンナパダー』における「自立(svatantra)」と「論証(anumāna)」という語の用例を検証し,「自立論証(svatantram anumānam)」という用語の妥当性について疑問を呈している.</p>

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 67(3), 1124-1130, 2019

    Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007720224
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL Article ID
    029604859
  • NDL Call No.
    Z9-55
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top