PARP阻害薬(BRCA関連乳癌,遺伝性乳癌卵巣癌症候群)  [in Japanese] PARP inhibitors for breast cancer treatment in association with hereditary breast and ovarian cancer  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 坂東 裕子 Bando Hiroko
    • 筑波大学医学医療系乳腺内分泌外科学 University of Tsukuba, Faculty of Medicine, Breast and Endocrine Surgery

Abstract

<p>日本では2018年4月に"白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法"として,初のPARP阻害薬としてOlaparib(リムパーザ<sup>®</sup>)が登場した。その後Olaparibは2018年7月に"がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳癌"が適応となった。乳癌診療では遺伝性乳癌・卵巣癌症候群という遺伝性腫瘍を対象とした治療薬としては本邦初の適応であり,コンパニオン診断プログラムである"BRACAnalysis診断システム"により生殖細胞系列のBRCA遺伝子変異の判定結果に基づきOlaparibの適応は決定される。本稿ではBRCA,PARP,PARP阻害剤と遺伝学的検査についてのべる。</p>

Journal

  • Official Journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery

    Official Journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery 36(2), 107-111, 2019

    Japan Association of Endocrine Surgeons・Japanese Society of Thyroid Surgery

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007723681
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2186-9545
  • NDL Article ID
    029865270
  • NDL Call No.
    Z19-2463
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top