フェイクニュース生成過程におけるミドルメディアの役割:2017年衆議院選挙を事例として  [in Japanese] How the Middle Media Played a Role in Generating Fake News:in the 2017 Lower House Election in Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>2016年のアメリカ大統領選挙を契機に、フェイクニュースに対する注目が世界的に集まっているが、国内においては研究がほとんど行われていない。本研究は,国内におけるフェイクニュースの生成過程を,オンラインニュースにおける生態系で重要な役割を果たすミドルメディアに注目して分析したものである。分析の結果、ミドルメディアは、マスメディアのニュースと検証困難なソーシャルメディアの批判的・否定的反応を組み合わせることでフェイクニュースを作り出していた。これはミドルメディアの新たな役割である。また、ミドルメディアにより作り出されたフェイクニュースが記事配信されることにより、オンラインにおいて大きな影響力を持つポータルサイトに到達する「フェイクニュース・パイプライン」の存在を明らかにすることができた。</p>

<p>While so-called fake news has become a popular domain of research around the globe since the 2016 U.S. presidential election, few studies have been conducted in Japan. This paper focuses on "middle media" outlets, which play an important role in the Japanese online news ecosystem, to analyze the generation process of fake news. Results show that the middle media outlets contributed to producing fake news by combining news stories published by authentic news organizations and unverifiable, negative social media responses to these stories - a newly discovered role of the middle media. This study also revealed that such false content produced by the middle media was eventually picked up by an influential online news portal site through the path that I call the "fake news pipeline."</p>

Journal

  • Journal of Information and Communication Research

    Journal of Information and Communication Research 37(2), 93-99, 2019

    THE JAPAN SOCIETY OF INFORMATION AND COMMUNICATION RESEARCH

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007737857
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10063944
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0289-4513
  • NDL Article ID
    030055571
  • NDL Call No.
    Z6-1801
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top