世界の原子力事情:第3回 米国・カナダの原子力開発の動向  [in Japanese] Current Trends in Nuclear Energy(3):Trend of Nuclear Development in the US and Canada  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 米国およびカナダにおいては,福島第一原発事故以降も原子力を温室効果ガスのほとんど出ないクリーンエネルギーと位置付け,エネルギー・ポートフォリオの重要な要素として引き続き利用してゆく方針である。一方,数年前には予測されていなかったシェールガス革命と呼ばれる状況は原子力発電所の新規建設の環境を一変させている。このような環境下での両国での原子力開発や発電等の動向について解説する。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan 56(1), 19-23, 2014

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007739500
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1882-2606
  • NDL Article ID
    025128350
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top