ダマスクス1968年計画におけるヘレニズム基盤の再構築事業  [in Japanese] The Project for Reconstitution of Hellenistic Infrastructure suggested by the master plan of Damascus in 1968  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究では、既往研究による新事実の発見としての「進化型計画論」を踏まえ、1968年のダマスカス都市基本計画の旧市街政策を、交通政策の視点だけでなく、ヘレニズムからイスラームへの「進化」という独自の歴史意識の結果と位置づけ、その全体像を明らかにすることを目的とする。ユネスコによる批判が交通計画への批判に限定されており「古代都市の再構築」という壮大な構想に対しては未評価であることを示した上で、2章で68年計画中の「古代都市」に関わる記述を抽出し、既往研究とも照合して、そのヘレニズム基盤としての特徴を以降の参照系として提示する。3章では、イスラーム時代の空間変容と重層化について既往研究から概略する。4章では、デガジュマンと呼ばれる街路開削・拡幅の実際について、68年計画のテキストと、関連して発表されたエコシャールや番匠谷による雑誌記事、及び計画図の分析から明らかにする。5章では、批判にも関わらず2019年現在において「古代都市の再構築」事業は一部が進展しており、その現状を補足的にレビューし評価の参考とする。結論において、ヘレニズム基盤の再構築事業の全体像を考察し、今後の事業の展望を明らかにする。</p>

<p>Based on "evolutionary planning theory" as new facts by previous research, this paper examines the policy for the old city of Damascus in 1968 from the viewpoint of not only transportation policy but also their "Reconstitution of the Ancient City". Firstly, it is shown that the criticism by UNESCO is limited to criticism of transportation planning. In chapter 2, the description related to the "ancient city" in the 1968 plan is extracted. Chapter 3 outlines space transformation and stratification in the Islamic era. Based on these facts, Chapter 4 will examine the actuality of the street cutting and widening called Dégagement from the text and the plans of the 1968 plan. In Chapter 5, some part of the "Reconstitution of the Ancient City" project has progressed, and the current situation is complementarily reviewed. In conclusion, we examine the whole picture of Hellenistic-based restructuring project and clarify future project prospects.</p>

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 54(3), 630-637, 2019

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top