大型底生有孔虫の無性生殖個体を用いた高マグネシウム方解石中の微量元素濃度とその温度依存性  [in Japanese] The temperature dependence of minor element concentration in high-Mg calcite tests for asexually reproduced offspring of large benthic foraminifers  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>サンゴ礁海域に生息する大型底生有孔虫はサンゴ礁海域の堆積物の主要な構成要素であるため、当該海域の連続的な古環境記録媒体として利用できる可能性がある。水温と大型底生有孔虫殻の微量元素濃度との関係を評価するため、サンゴ礁に生息する二種類の大型底生有孔虫、<i>Calcarina gaudichaudii</i>と<i>Amphisorus kudakajimensis</i>について、21-30ºCの温度制御下で飼育した無性生殖個体を複数用いたMg/Ca、Sr/Caおよび個体ごとのMg, Sr, Na濃度を測定した結果を報告する。Mg/CaおよびSr濃度は両種ともに温度と有意な相関を示した。一方で、Sr/Ca、Na濃度は両種ともに温度によらずほぼ一定の値を示した。</p>

<p></p>

Journal

  • Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 66(0), 62, 2019

    GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN

Codes

Page Top