都市人工林に自然侵入した若齢木の地際直径,樹高による樹齢推定式の作成および適用性の検討  [in Japanese] The development of a formula to estimate tree age of naturally regenerated seedlings in an artificial urban forest using basal diameter and height  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>都市人工林に自然侵入する若齢木の樹齢情報の取得のため,地際直径および樹高と樹齢実測値との関係から樹齢推定式を得る方法を検討し,異なる林分での樹齢推定式の適用性を検証した。有意な相関関係を得られた樹種のうち,10 本程度の円盤採取による樹齢解析で,地際直径,樹高および地際直径と樹高の積と樹齢実測値とのいずれの一次回帰式からも樹齢推定が可能であった。地際直径および樹高と樹齢との相関係数にほとんど差がなかったため,地際直径だけで簡便で迅速な樹齢推定が可能と考えられた。異なる林分への樹齢推定式の適用は,樹種によって樹齢推定の精度が低下したことから,樹齢推定式は同一林分での適用が適切であることが示唆された。</p>

Journal

  • Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 45(1), 212-215, 2019

    JAPANESE SOCIETY OF REVEGETATION TECHNOLOGY

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007776358
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10130633
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-7439
  • NDL Article ID
    029969934
  • NDL Call No.
    Z18-1223
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top