読み深めのための発展的再読を促す学習指導の開発:― 芥川龍之介「地獄変」の場合 ― Development of Teaching to Encourage Rereading Deeply of Already Learned Material::In the Case of "Jigokuhen" by Ryunosuke Akutagawa

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松岡 礼子 MATSUOKA Reiko
    • 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎|広島大学大学院教育学研究科 院生 High School Attached to Osaka Kyoiku University (Tennoji Campus)|Graduate School of Education, Hiroshima University

抄録

本研究は小説「地獄変」の教材性を明らかにし,読み深めのための発展的再読を促す学習指導を提案するものである。考察対象に高2「現代文B」の単元「芥川『地獄変』を読む」[以下「前半単元]]と単元「芥川短編小説群を読む」[以下「後半単元」]を取り上げる。両単元ともにねらいは作家の創意に留意した作品の批判的な読みである。小説「地獄変」の場合,それは結末部の分析であり,「信頼できない語り手」への着目であり,「芸術至上主義」という語の問い直しであった。前半単元は批判的な読みのための観点を示し,後半単元では教科書教材の芸術論に照らした作品再読と条件付き短歌創作を試みる。後半単元における再読の手立てはどのように機能し得たか,学習者反応分析を通して後半単元の成果を明らかにし,本学習指導構想の可能性と課題とを述べる。

The purpose of this paper is to propose a design of teaching for encouraging students to reread texts deeply by teaching reading closely Ryunosuke's novel "Jigokuhen" based on a study of the teaching concept and classroom practice. To understand the tragedy of Jigokuhen, the first half of learning process was designed for focusing the setting, characterization, and the unreliable narrator. Then, the second half was for approaching to the limit of Yoshihide's abilities as an artist, reading an essay on art, and using the idea Honkadori and Tsukeku to write Tanka and show their understandings of the tragedy of an artist. Through the process, students learned to find the way of reading Jigokuhen deeply and the pleasure of literature.

収録刊行物

  • 日本教科教育学会誌

    日本教科教育学会誌 41(3), 81-90, 2018

    日本教科教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007790880
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00247430
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0288-0334
  • NDL 記事登録ID
    029426688
  • NDL 請求記号
    Z7-1475
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ