診療ガイドラインによる甲状腺乳頭癌治療の国際比較-手術治療  [in Japanese] International comparison of surgical treatment for papillary thyroid cancer using clinical guidelines  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 都島 由希子 Tsushima Yukiko
    • 筑波大学医学医療系乳腺内分泌外科 Department of Breast and Endocrine Surgery, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 原 尚人 Hara Hisato
    • 筑波大学医学医療系乳腺内分泌外科 Department of Breast and Endocrine Surgery, Faculty of Medicine, University of Tsukuba

Abstract

<p>欧米においては,甲状腺乳頭癌の初期治療として全摘術後に放射性ヨウ素内用療法(RAI)を行うのが長らく標準治療であった。一方,わが国では,葉切除,亜全摘といった甲状腺温存手術も多く行われていた。日本内分泌外科学会と日本甲状腺外科学会(JAES/JSTS)は,2010年にガイドライン初版を公開し,わが国における背景とエビデンスをもとに,Risk-adapted managementの概念を導入し,症例ごとに術式の選択できる余地を残した。2015年の米国甲状腺学会(ATA)のガイドラインの改訂では,本邦の論文も採用され,甲状腺乳頭癌の治療は世界的にも変化している。昨年の日本のガイドラインの改訂では,新たなリスク分類が提唱され,分かりやすい治療アルゴリズムが作成された。しかし,全摘VS葉切除,予防的中央区域郭清の是非に関しては,術後治療や経過観察方針にも関わる問題であり,課題が残されている。</p>

Journal

  • Official Journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery

    Official Journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery 36(4), 213-220, 2019

    Japan Association of Endocrine Surgeons・Japanese Society of Thyroid Surgery

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007801223
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2186-9545
  • NDL Article ID
    030196090
  • NDL Call No.
    Z19-2463
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top