都市振興と祭り:北九州市の「わっしょい百万夏まつり」を事例に  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本で毎年様々な祭りが国内各地で開催されている。日本の祭りは,従来は宗教色の強い伝統行事というイメージが強かったが,1980 年代以降,都市コミュニティの連帯感を増強するために,多くの市民の参加を引き付ける娯楽性を重視する祭りが増えた。近年では,少子高齢化が進むなかで地方圏都市の商業・飲食サービス業の低迷状況が続いており,観光や商業振興の起爆剤として祭りの経済的な役割にも期待が集まっている。地方自治体は地域活性化における祭りの役割を重視しつつあるが,自治体の財政事情が厳しくなるなかで,祭り運営に対する積極的な関与が財政状況の悪化に繋がるリスクがあるとも懸念されている。本研究は,北九州市における祭りの歴史と近年の開催動向,祭り運営の取り組みを紹介したうえで,同市の都市振興戦略における祭り開催の位置づけとその実際の効果を考察する。また,北九州ならびに類似の地方都市における祭り運営のあり方について若干の提言を行う。

Journal

  • Higashiajia eno shiten

    Higashiajia eno shiten 26(1), 37-46, 2015

    Asian Growth Research Institute

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007805124
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1116642X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1348-091X
  • NDL Article ID
    026281569
  • NDL Call No.
    Z8-B529
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top