「普通であること」の呈示実践としてのパッシング:ガーフィンケルのパッシング論理を再考する  [in Japanese] "Passing" as Displaying "Normalcy":Re-examining Garfinkel's "Passing" Logic  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿の目的は、エスノメソドロジーの創始者であるガーフィンケルのパッシングの議論を再考することで、ゲーム的な分析では捉えきれないパッシングの内実を明確化することである。すなわち、ガーフィンケルによれば、ゲーム的な分析枠組みを用いるゴフマンのパッシングの論理ではパッシングの内実について捉えられない側面があるという。その側面とは相互反映性や状況操作、継続性である。ここでゲーム的な分析が可能なパッシングとは、エピソード的性格、事前の計画、実際的な規則に対する信頼という特徴をもち、ゲーム的な分析では捉えられないパッシングとは、人びとが自明視し、背景となっているルーティンに埋め込まれた当たり前のことを達成することが課題であるような実践のことである。これらを考慮に入れることで改めて検討し直すと、ゲーム的な分析枠組みでパッシングを分析することは可能ではあるが、一方でガーフィンケルによるパッシングの論理を用いることで、自明視され背景化している「普通であること」を達成することこそが、パッシングを行う者にとっての第一の課題であるということが明らかとなる。この両者の構造上の不一致を確認したうえで、後半では一つの事例を用いて、ガーフィンケル的な分析をすることにどのような意味があるのかを例証する。そのことにより、エスノメソドロジーの立ち上げにおいて重要な役割を果たしたアグネス論文を再評価し、その意義を確認する。

This reconsiders the works of Garfinkel who conceptualized ethnomethodology and his logic of "passing" while seeking to clarify the realities of "passing" that the game model cannot fully explain. According to Garfinkel, there are aspects of the realities of "passing" that cannot be fully explained by Goffman's logic of "passing" based on a game model. These aspects are reflexivity or situational manipulation and continuity.<br>The type of "passing" where the game model applies has episodic character, preplanning, and reliance upon instrumental knowledge of rules, whereas "passing" in a practical sense, i.e., the challenge of achieving the very ordinary, being self-evident to people, and blending into the background routine is something that game model cannot address. <br>Reconsidering the issue and taking this into consideration, it becomes clear when applying Garfinkel's logic on "passing" that while it is possible to analyze" passing" in a game model, the first task for those undergoing" passing" is to achieve "normalcy," be self-evident, and blend into the background. After confirming the structural incongruities between these two logics, I demonstrate the meaning of Garfinkel's analysis through a case study. In doing so, I reevaluate "the paper of Agnes," that played an important role in the founding of ethnomethodology and confirm its significance.

Journal

  • The Journal of Studies in Contemporary Sociological Theory

    The Journal of Studies in Contemporary Sociological Theory 11(0), 42-54, 2017

    The Society for Sociological Theory in Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007806692
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12203259
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1881-7467
  • NDL Article ID
    028161026
  • NDL Call No.
    Z71-S804
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top