教科内容としての「造形遊び」の認識に関する一考察:~教員及び学生へのアンケートをもとに~ A Study about Understanding as the Subject Contents of "Zoukei-Asobi"::Based on the Results of a Questionnaire Survey to Teachers and College Students

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>小学校図画工作科の内容A表現の大きな柱の一つである「造形遊び」の学校現場での定着は喫緊の課題である。こうした背景には「教員の「造形遊び」の理解」が影響しているのではないかと考える。つまり,学習指導要領に示されている「造形遊び」の内容と,教員が理解している造形遊びの内容との相違である。そこで本研究では,教員を対象に,自由記述による質問紙調査を行い,その回答内容と,平成20年の「学習指導要領解説図画工作編」における「造形遊び」に関する記述部分とを比較し分析を行うことにした。今回,5府県173名の教員,及び1大学130名の学生から回答を得ることができた。分析に当たっては,KH Coderを使用したテキストマイニングの手法を採用した。分析の結果,両者の間には,「遊び」,「遊ぶ」,「自由」といった用語の使用や,資質能力に関する記述の有無等について差違が読み取れた。</p>

<p>It is an urgent issue at school to be fixed "Zoukei-Asobi" which is one of the big parts of expression of Art and Handicraft Content A. Expression (1). We think it is influenced by teacher's understanding of "Zokei-Asobi". That is difference of understanding on "Zokei-Asobi" between teachers and educational guidelines. In this study, we conducted questionnaire survey with free description to teachers, and we compared the contents of the answer with the descriptive part concerning "Zoukei-Asobi" in "curriculum guideline for Art and Handicraft 2008" Answers were gained from 173 teachers in 5 prefectures and 130 students in one university. For analysis, we conducted Text-Mining with using KH Coder. In the result, there were difference on using the words which like "Asobi", "Asobu" and "Jiyuu", and on presence of description about Qualities and Abilities.</p>

収録刊行物

  • 美術教育学研究

    美術教育学研究 51(1), 345-352, 2019

    大学美術教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007823768
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12831535
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    2433-2038
  • NDL 記事登録ID
    029703523
  • NDL 請求記号
    Z7-1788
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ