数学と言語表現について Mathematics and language expression

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

"役に立つ"ことを判断する価値観は、どこから来るのかを言語の進展の観点から議論する。言語進展の過程に日本とヨーロッパにおいて類似性があることを見出す。言語には日常言語、社会言語、記述言語の3 種があり、これらが一致していることがイノべーションに必要不可欠であることを古代の神話の形成、言語の形成、文字の導入にさかのぼり諸文明の情況を観察しつつ解明する。それらを踏まえ、グローバリゼーションの中で、日本の数学教育の向かう所について考える。

Being based on the viewpoint of the language development, we will discuss where the sense ofvalues judging "usefulness" comes from. We will find some similarity in the developments of thelanguages of Europe and Japan. From that viewpoint we will analyze how the Japanese introducedthe letter from China in ancient time and changed it from hieroglyph to phonotype. In a society orin a human race the language is categorized to three groups, home language, social language andwriting language. Referring the historical developments of a number of societies, it is seen that thecoincidence of those three is necessary for the innovation. The goal is to see the role of Mathematicsand Mathematical education in the Japanese society in relation with the globalization.

収録刊行物

  • 数学教育学会誌

    数学教育学会誌 58(3-4), 75-85, 2017

    一般社団法人 数学教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007834208
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11830945
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-7332
  • NDL 記事登録ID
    028931232
  • NDL 請求記号
    Z71-J577
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ