航空機調査で明らかになった北海道北部におけるタンチョウ繁殖域の拡大  [in Japanese] Increased breeding among <I>Grus japonensis</I> observed via aircraft surveys over northern Hokkaido, Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>世界におけるタンチョウ <I>Grus japonensis</I> Mlerは、大陸個体群と北海道個体群の二つの地域個体群に分かれる。北海道個体群の道東から北海道北部への繁殖域の拡大を、 2003年から 2015年まで航空機により調査した。北海道の北端宗谷地方には、 1860年ころまで確実にタンチョウが生息していたが、その後 2000年代初頭まで、この種の出現記録はなかった。しかし、地上調査により 2002年に日本海に面するサロベツ原野地区で夏に 2羽を見つけ、翌年から飛行調査を行い、 2004年には営巣活動に続いて 45日齢ほどのヒナも観察した。また、 2006年にオホーツク海側のクッチャロ湖地区で初めて 2羽を目撃し、 2008年には繁殖を認めた。その後、 2014年にサロベツ原野地区で 3番い、クッチャロ湖地区で 2番いが営巣し、 2015年は北限となる稚内大沼地区でも 1番いが加わり、計 6番いが就巣し、宗谷地方の主要繁殖適地における営巣地分布拡大を確認した。その結果、 2004年から 2015年までに、ペンケ沼周辺で 13羽、クッチャロ湖周辺で 9羽の幼鳥が育った。これに伴い、宗谷地方の春 -秋期個体群は 2015年までに最多で 15羽(幼鳥を含む)となり、明確な増大傾向を示した。宗谷地方へのタンチョウ進出は、道東における繁殖番いの高密度化によるもので、収容力に余地のある道北の個体群成長は、道東の過密化傾向抑制(分散化)にとり極めて意義深い。しかし、個体は冬に道東へ回帰し給餌場を利用すると思われるので、感染症等のリスクを抱えたままであるし、 2016年以降の営巣・繁殖状況等も不明である。従って、道東と分離した道北個体群創設や越冬地造成等も含めた効果的対応手段策定のため、道北一帯で飛行調査を主軸とする全体的動向把握を継続的に行うことが不可欠である。</p>

<p>One of the two major red-crowned crane (<i>Grus japonensis</I>; Japanese, <I>tancho</I>) populations worldwide is located in southeastern Hokkaido, Japan. From 2003 to 2015, aircraft surveys were conducted over northern Hokkaido to monitor the breeding range expansion of this population. Until the late 19th century, red-crowned cranes inhabited northern Hokkaido; however, none were recorded in this region during the 20th century. In 2002, two red-crowned cranes were found, and in 2004, an aircraft survey recorded one pair with a single chick. In 2015, the northern population included three breeding pairs in the Sarobetsu area, two breeding pairs near Lake Kutcharo, and one breeding pair in the Wakkanai Ohnuma area. Expansion of the nesting range continued from 2004 to 2015, with a population increase marked by the fledging of 22 juveniles. Due its high density, the main population in southeastern Hokkaido is at a greater risk of disease. The colonization of northern Hokkaido mitigates this risk, although cranes from the northern population come into contact with the main population in winter. Research on the migration and breeding status of this crane species by aerial survey is essential for maintaining the isolation of the northern population from the southeastern main population.</p>

Journal

  • Japanese Journal of Conservation Ecology

    Japanese Journal of Conservation Ecology 25(1), n/a, 2020

    The Ecological Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007866063
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11857952
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL Article ID
    030447424
  • NDL Call No.
    Z18-B498
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top