スリット加工を用いた板材の湾曲制御に基づく形状設計支援  [in Japanese] Shape design based on curvature control of plate material with slits  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

木などの硬い素材を滑らかに曲げる手法として、素材にスリットパターンのカットを施すものが知られている。しかし、カットを施した素材の物理的な特性をシミュレーションすることは困難である。そのため、設計した曲面が実際に制作可能かどうかを判定することが難しい。そこで本研究では、カットを施した素材を曲げることで得られる曲面の形状に着目し、曲面設計を行う手法を提案した。本研究では、事前にスリットパターンのカットを施した単純な構造を用意し、制作可能な曲面形状を計測する。これにより、スリットパターンのカットを利用した、滑らかな曲面を持つ立体構造を対話的な操作で設計可能となった。

As a technique for bending hard materials like wood, using a slit pattern is known. However, it is difficult to simulate the physical properties of a cut material. Therefore, it is difficult to judge whether the designed curved surface can be made. In this research, we focused on the shape of the curved surface made by bending a cut material and proposed a method of designing the curved surface. We prepare a simple cut structure beforehand and measure the curvature shape that can be produced. This made it possible to design a 3D structure with smooth curved surfaces using cut materials by interactive operation.

Journal

  • Reports of the Technical Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan

    Reports of the Technical Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 17.04(0), 1-4, 2018

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

Codes

Page Top