数学的モデル化における児童による問題場面の解釈の男女差  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>本稿の目的は,現実的な問題場面に焦点を当て,男女差による解の求め方の差異を明らかにすることである.児童の価値観を観点として,余りのあるわり算に関する問題に対する児童の解答を分析した結果,多様な価値観が特定されるとともに,複数の解決方法に関して統計的な有意差が見られ,男女差に応じて結論を求める際の価値観に違いが生じる可能性があることが明らかにされた.</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 43(0), 37-38, 2019

    Japan Society for Science Education

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007882835
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top