初発前思春期投球肘内側障害の高分解能MRIとその病態  [in Japanese] High-resolution MRI and the Mechanism of on the Initial Pre-puberty Little Leaguer's Elbow  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 小川 健 Ogawa Takeshi
    • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター/茨城県厚生連総合病院水戸協同病院|筑波大学医学医療系整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Tsukuba University Hospital Mito Clinical Education and Training Center|Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 辰村 正紀 Tatsumura Masaki
    • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター/茨城県厚生連総合病院水戸協同病院|筑波大学医学医療系整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Tsukuba University Hospital Mito Clinical Education and Training Center|Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 万本 健生 Mammoto Takeo
    • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター/茨城県厚生連総合病院水戸協同病院|筑波大学医学医療系整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Tsukuba University Hospital Mito Clinical Education and Training Center|Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 平野 篤 Hirano Atsushi
    • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター/茨城県厚生連総合病院水戸協同病院 Department of Orthopaedic Surgery, Tsukuba University Hospital Mito Clinical Education and Training Center

Abstract

<p>初発前思春期投球肘内側障害例の高分解能MRIを調査した.対象は,発症から4週間以内にMRI撮像できた15例である.単純X線で異常を認めたのは15例中9例のみであったが,MRIでは全例異常所見を呈していた.骨化核の異常が12例,軟骨膜の偏位が12例うち途絶は9例,尺側側副靱帯(UCL)またはその周囲組織損傷は14例,鉤状結節の異常は7例であった.前思春期の投球肘内側障害は,骨化核に形態学的な異常を認めずとも,骨化していない軟骨およびそれを取り巻く軟骨膜の異常と,UCLのたるみや信号上昇,そして周囲の軟部組織損傷が主体であり,その初発例は急性損傷の可能性が示唆された.</p>

Journal

  • Japanese Journal of Orthopaedic Sports Medicine

    Japanese Journal of Orthopaedic Sports Medicine 40(3), 372-376, 2020

    Japanese Orthopaedic Socety for Sports Medicine

Codes

Page Top