小学5年生に対する10ヵ月の静的ストレッチングプログラムがOsgood-Schlatter病の罹患率に与える影響  [in Japanese] The Effect of the 10-month Static Stretching Program for Fifth Graders on the Prevalence of the Osgood-Schlatter Diseases  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 津島 愛子 Tsushima Aiko
    • 岡山大学大学院教育学研究科|兵庫教育連合大学院|岡山済生会総合病院整形外科 Graduate School of education, Okayama University|Joint Graduate School in Science of School Education, Hyogo University of Teacher Education|Department of Orthopaedic, Okayama Saiseikai General Hospital

Abstract

<p>本研究は,小学5年生に対する10ヵ月の静的ストレッチングがOsgood-Schlatter病(OSD)の罹患率に与える影響について調査することを目的とした.OSDの既往がない小学生5年生を対象とし,静的ストレッチングプログラム実施群(SS群)92名,ストレッチングプロブラム非実施群(CON群)79名とした.SS群は,10ヵ月間,週5回,静的ストレッチングを実施した.ストレッチング取組後,OSDの罹患率について調査をした.OSDの罹患率は,SS群4.3%(4名)であり,CON群13.9%(11名)と比較して有意に少なかった(<i>p</i><0.05).本研究は,OSDが好発する年齢の時期に下肢を中心とした静的ストレッチングが,OSDの罹患率を低下させOSD発症予防に有効である可能性を示した.</p>

Journal

  • Japanese Journal of Orthopaedic Sports Medicine

    Japanese Journal of Orthopaedic Sports Medicine 40(1), 98-104, 2020

    Japanese Orthopaedic Socety for Sports Medicine

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007889593
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-8577
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top